サイトトップ > サイトマップまで放置

肝機能改善サプリランキング

タウリンで肝臓のサポート

 

タウリンというのは、肝臓にいい成分だといわれているのですが、このほかにも筋肉や脳、心臓などにもタウリンが含まれています。このタウリンは細胞の働きを正常にしたり、肝機能を回復させやすくするなどといった作用を持っているといわれています。タウリンを摂取することによって、肝臓は胆汁を分泌しやすくなります。

 

さらにタウリンが肝臓のサポートをして、コレステロール値を低下させやすくすることが出来る働きが期待できるとされています。また、肝臓の中に溜まってしまっている中性脂肪の分解をしていき、体の外に排出させる作用も期待できることから、脂肪肝を改善させやすいといわれています。お酒を飲んだ場合、酵素の働きをサポートしてくれますので、肝臓にかかってしまう負担を軽くすることも可能になっています。

 

さらに、毒素の解毒をする腎臓のサポートもしてくれるとされています。これ以外にもタウリンというのは、ノルアドレナリンが分泌されにくくなる働きを持っていたり、交感神経の働きを沈静化しやすくするため、高血圧も改善しやすくなるといわれています。

 

また、筋肉を収縮しやすくする働きもあることから、動悸やむくみ、息切れなどのような症状を改善しやすくなるほか、コレステロールを減らして血液の状態を改善したり、新陳代謝を向上させやすいという働きも期待できるのです。

 

このタウリンというのは、青魚や牡蠣などにたくさん含まれています。体の中でもタウリンを合成することは可能になっているのですが、合成量はかなり少ないですので、食事でタウリンを摂取するようにした方が良いでしょう。

 

肝生検ってどんな検査?

 

自覚症状がほとんどないため、肝障害になっていても気づかないことが非常に多くなっています。ですので、肝炎や脂肪肝になってしまっていても気づかずに過ごしてしまっているという人も多いのです。自覚症状として倦怠感や食欲不振などといった症状が出ることもあるのですが、風邪に近い症状であるため、風邪だと思ってしまっている人も少なくありません。

 

肝臓病を見逃さないようにするためにも、肝臓の検査は1年に1回は必ず受けるようにしたいところです。その肝臓の検査でも色々なものがあるのですが、肝生検といわれる検査は正確性が高いといわれています。肝臓の検査の場合、CTや超音波検査などといった検査方法もあります。

 

超音波検査というのは、超音波を照射することによって、肝臓がどのような状態になっているのかを確認することが出来るようになっています。この超音波検査や血液検査は誰でも検査をすることが出来るようになっているのですが、肝生検の場合は検査をする人が限られています。超音波検査などで肝臓に異常が確認された場合や、肝臓病の症状が出ている場合、肝臓病の疑いがあるのというときに行われる検査方法になっています。

 

なお、血液検査などは、検査をしても入院をする必要はないのですが、肝生検は体に負担をかけてしまうため入院をする必要があります。肝臓の細胞を針で抽出して検査をするため、正確性がとても高くなっているのです。肝生検は、大体1週間くらいで結果が分かるようになっています。

 

また、検査自体は20分から1時間ほどで完了になるのですが、止血をしなくてはならないため、6時間くらいは安静にしておかなくてはなりません。そのため、入院をする必要があるのです。入院した日に肝生検で検査をして、次の日には退院をすることが出来ます。

 

ただし、出血などがある場合は退院が長引いてしまうということもあります。医療費は病院によって金額が違っているのですが、健康保険を適用させることができますので、大体4万円くらいと思っていいでしょう。